ファミキャンのすすめ ~キャンプ用品の運搬について ~

こんにちわ~、たかぶんです。

皆さん、キャンプ用品の運搬ってどうしてますか?運搬というと車とかバイクとかキャンプ場に行くまでのことを想像しますが、キャンプ用品を乗せている棚から車に積載までの間、キャンプ場についてからの運搬などに利用するものも重要になってきます。

我が家は、2階のキャンプ道具用の棚から運ぶので、大変です。2階から運び出す回数も極力少なくしたいものです。

今回は、キャンプ用品の運搬について我が家の方法を紹介します!

是非、参考にしてください~^^

運搬用製品について

我が家では、運ぶ物によって以下の2種類を利用しています。

・コンテナタイプ

・袋タイプ

用途によって、運ぶものを変えています。

コンテナタイプの運搬物について

コンテナタイプというと、スノーピークの「シェルフコンテナ」や無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」などが有名だと思います。特に無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスは、価格とデザインと凄くバランスが良いです。キャンパーの皆さんも結構使っていますね^

無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス 大」

サイズも小、大、特大とあります。我が家は、色違いが欲しかったので、同一の形のトラスコ社トランクカーゴを利用しています。トラスコ社では、種類は容量となっています。

メーカー無印良品トラスコ社
商品名ポリプロピレン頑丈収納ボックストランクカーゴ
サイズ表記/サイズ小/
外寸(mm):間口400×奥行390×高さ370
有効内寸(mm):間口304×奥行306×高さ293
30L/
外寸(mm)間口×奥行×高さ:400×390×370
有効内寸(mm)間口×奥行×高さ:304×306×293
大/
外寸(mm):間口600×奥行390×高さ370
有効内寸(mm):間口504×奥行306×高さ293
50L/
外寸(mm):間口600×奥行390×高さ370
有効内寸(mm):間口504×奥行306×高さ293
特大/
外寸(mm):間口780×奥行390×高さ370
有効内寸(mm):間口680×奥行306×高さ293
70L/
外寸(mm):間口780×奥行390×高さ370
有効内寸(mm):間口680×奥行306×高さ293
白のみオリーブ、黒、サンドなど色々な色がある
値段小:1,290円(税込み)
大:1,790円(税込み)
特大:2,590円(税込み)
30L:1,800~2,500円
50L:2,500~3,000円
70L:3,800~4,500円

我が家で利用しているサイズは、小と大です。小には、照明系のものを収納しています。大には、鍋や食器などのかさばる物を収納しています。特大は、大きいので車に運ぶのも大変だし、車に乗せて運ぶのも場所をとり扱いずらい感じがします。

袋タイプの収納について

袋タイプというと、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 「大型収納トートバッグ」がコスパが高く使い安いです。

我が家では、このバックMを2枚、Lを1枚持っていて、Mには、ユニフレームのガスツーバーナーやフィールドラック、Colemanの椅子などを入れています。Lには、寝袋や毛布、寝具を入れています。

まとめ

コンテナタイプだけでなく、袋タイプの収納もあると、汚したく無いものを入れたりといろいろと便利です。それぞれの装備を見て最適なチョイスとこだわりで運搬するものを選んで見てください。

では、また~