トリパスプロダクツ「グルグルファイヤー GURU GURU FIRE」を購入レビュー!

2020年2月22日

こんにちわ~、たかぶんです。

物欲が止まらない2019年冬。またまた買っちゃいました~(笑)

今回は、ガレージブランドのトリパスプロダクツの焚き火台「GuruGuruFire M」を購入したので、開封していきたいと思います!

※トリパスプロダクツとは、北海道にあるの金属加工メーカーです。

開封

青色のビニール

この青い色のビニールは、鉄の錆を防いでくれるものらしいので、仕舞うときはこれに入れると良いようです。

コンパクト

取り出すと、コンパクトにまとまっています。

GURU GURU FIRE Mサイズ

■サイズ:約410 × 410 × 673(mm)(組立時)、約350 × 350 × 43(mm)(収納時)
■重量:約7.2kg:

中をあけると一式入っています。

組み立ててみた

流石に最初は何も見ずに直感的に組み立てるのは無理でした。

一番始めに上のリングをつけて、下のロストルをつけてこの形にします。そうすれば、自立するので、後はカチャカチャとはめていく感じです。よーく考えられていて、ワクワクしながら作れます(笑)

リングをはめていきます。^^

灰受けを装着。ちなみに銀色は、アルミホイルをひいています^^

ツノをつけて、完成!

やば、かっこいい!

ちなみに、蓋は、薪置きになります。

火入れしてみた

Mサイズなので、市販の薪(35CMぐらい)をがんがんくべられます。

うーん、かっこいい~。火を入れるとよけいにかっこよいです!

オプションも豊富で、風防や五徳、肉を焼くための鉄板などあります。

持ち運び用のトートバックをゲット

持ち運び用に何かよいバックはないかとずっと探していました。

2020年2月にメーカから専用のトートバックが販売されたので、購入しました。

M TOTE(エムトート)
約18.5ℓ
3,300円(税抜き)

トートバックと鉄の参加防止用のコーテック防錆バッグ(青い袋)が付いています。

内側

袋の内側は、PVCコーティングされていて、汚れに強そうな感じです。

上から見た

さすが純正、ぴったりと入ります。

まとめ

非常に所有欲を満たしてくれる一品です!

たかぶんが今年購入したキャンプギアの中でも1,2を争うぐらいお気に入りになりました!

組み立てるのも楽しく、火入れしてもかっこいい焚き火台は、なかなかありませんので、非常に満足度が高いです。ただし、鉄なので水に弱いために錆が気になりますが、まあそこは味だと思ってガンガン使っていきたいと思います。

気になる方は是非チェックしてみてください。

早くキャンプにいきたいな~

では、また~