スノーピーク リビシェルロングProのレッドフレームを修理に出してみた

2020年1月26日

こんにちわ~、たかぶんです。

我が家のメインテントは、スノーピーク社のリビングシェルロングProです。ファミキャンを初めてから2年目ぐらいに購入し、かれこれ4年程使っています。

そして、2019年のGW前に憧れのレッドフレームにしました!

まじ、かっこいい~^^

ちなみにフレームは、テントの幕をたてるための骨組みの箇所です。また、リビングシェルロングの標準のフレームはシルバーとなっております。

が、しかし、

2019年末の冬休みキャンプにて、設営しようとしていたら、突風が吹き、センターを通すフレームとA型フレームが見事に曲がってしまいました(涙

修理を依頼してみた

スノーピーク製品は、永久保証です。これは、本当に凄いですよね。企業からすると、昔の製品とかだと部品の管理とか大変ですよね。

良く勘違い(私も最初はそうでした。。。)するのが、保証=無料という認識ですが、スノーピークは、修理代は掛かるが直せる保証が永久ということみたいです。

修理の依頼方法

・オンラインで予約して、自分で送付する

・スノーピークの店に持って行って依頼する。

壊れている箇所が明確かつ急いでいる場合は、自分で実施しても良いかと思いますが、程度が分からない場合は、スノーピークの店に持って行くのが確実です。

私も、スポオソのスノーピークが入っている店(SPS)に持って行って、修理箇所を見てもらいながら、送付しました。店だと、送付も無料で(※)実施してくれます!

※追記:無料と思っていたら、明細にしっかりと往復の送料が請求されていました。

実際修理して

私の場合は、キャンプ帰りの12月30日に店に持ち込み確認してもらいました。修理箇所は、3節分のようです。リビングシェルを持っている方なら分かると思いますが、幕の真ん中にあるリッジポールが一節曲がり、Aフレームは2節分かつ、接続部分から分離している状態でした。

スノーピークの店員さんもレッドフレームの修理はあまり経験したことがなく、いくらになるかは分からないといわれてしまいました。

写真を取っておけば良かったのですが、フレーム曲がったショックでそれどころではなかったです。。。

修理までの日数は?

年末というこもあり、修理に時間が掛かると言われていましたが、それでも、12月30日に頼み、1月10日には修理が終わっています。1月11日は到着予定です。早いです

いくら掛かった?

3節分の交換で7500(税込み)※となりました。標準のフレームは1節の交換で1500円ぐらいと以前店員さんが言っていたので、レッドフレームは高いですね^^;

※あくまで2019年の筆者の例です。修理の状況などで価格は変わってくると思いますので、参考程度としてください。

ただ、やはり流石スノーピーク!と思います。レッドフレームも素早くなおしてくれるので、これからもガンガン使って行きたいと思います。

保証ってありがたいです。

それは、そうとして、リビングシェルは風に弱いですよね~。

今回は、本当に嵐のような風だったので、そこで無理に立てようとした自分が悪いのですが、立ち上げの際に風の影響をもろうけてしまうので、風が強い灯でも何かうまい立て方ないかを模索する必要がありそうです。

ちなみに、標準フレームも風でリッジポールが曲がったままです。。。今回の件もあるので、標準フレーム修理に出しておこうかと思います^^

では、また~