キャンプでも家でも使えそうなアウトドア用のベンチを購入しました!

2019年10月21日

こんにちわ~、たかぶんです。

キャンプと家でも使えるかと思い、前々から気になっていたベンチを買いましたので、早速レビューしたいと思います。良かったら見ていってください~。

キャンプ用ベンチとは?

皆さん、キャンプ用ベンチってご存じですか?

一般的に折り畳めて持ち運ぶのにコンパクトになるベンチのことを言います。ベンチには主に、背もたれがあるものと無いものがあります。

背もたれのあるベンチで有名なところは、キャプテンスタッグのベンチ、通称「鹿ベンチ」と思います。一時期、おしゃれキャンパーが鹿ベンチの生地を張り替えておしゃれにキャンプしているのが話題になりました。

鹿ベンチはコストパフォーマンスがとかく良いです!

また、背もたれのない物は、以下のようなものがあります。

背もたれの無いベンチは、一般的にコンパクトになりやすく、持ち運びに優れています。また、クーラーボックスなどの荷物を置くのにも便利です。

結局何買ったの?

前置きが長くなりましたが、我が家は以下のベンチを買いました!

Coleman 「インディゴレーベル(IL)リラックスフォールディングベンチ ヒッコリー」です。

スペック

  • 本体サイズ:約108×58×64(h)cm
  • 座面幅:約92cm 座面高:約30cm
  • 収納サイズ:約108 ×10× 60 (h)cm
  • 重量:約3.9kg
  • 材質・素材:フレーム/アルミ、 シート/ポリエステルハンドル付き
  • 耐荷重:約160kg (片側約80㎏×2)

購入の決め手

購入の決め手となったのは、以下のとおりです。

  • デザイン
  • 軽い
  • 使いやすい

デザイン

正直機能的には、普通のフォールディングベンチと変わらないと思いますが、見た目の良さと家で利用していても違和感が無いような気がして購入してしまいました。何となく高級感があるので。インディゴレーベルは何気に良い感じのものが多いです。

軽い

アルミフレームを採用しているので、大きさの割に4kg以下ともの凄く軽いです。ちょっと軽すぎて安定感が無い感じがしますが、しっかりとベンチの脚を広げて置けば小さい子供が座っても問題ありません。我が家は7歳と4歳児が主に座っています

使いやすい

荷物を置くことができるので、キャンプ場についてからテントたてるまでの荷物置きなどにも利用できます。

また、家でも使いたいときにパッと広げて使えるのは便利です。我が家は急な来客の際やベランダでまったりしたいときに利用しています。

イマイチなところ

基本的には満足ですが、敢えてイマイチなところをあげると、いかのとおりです。

  • 値段が高い
  • 収納がかさばる
  • 座る位置により、前のパイプが脚に当たる

値段が高い

インディゴレーベル全般に言えることですが、通常版に比べて2倍程値段が高いです。こればかりは知っていて購入したのですが、せめてもう少しリーズナブルだとうれしいです。

収納がかさばる

パッと開けるので使いやすいと反対にパッと開けるから、収納や運搬にかさばります。背もたれのあるベンチの宿命か、どのメーカーも作り自体に大差ないと思います。

座る位置により、前のパイプが脚に当たる

ベンチの構造上、前の位置にパイプが入っているために座る人の身長や座る位置によって前のパイプが脚にあたります。ちなみに筆者は180CMぐらい、奥さんは150CMぐらいです。私は手前に浅く座ると当たりますが、あまり気になりません。奥さんは奥に深く座ると脚が当たるようです。下の子(4歳)は100CM無いと浅く座っても足が地面に届きません。殆ど椅子の上に靴を脱いであがっています(^0^)

まとめ

我が家は、全くベンチに興味が無かったのですが、ふとしたきっかけに購入してみた結果、キャンプでも家でも使えそうなことが分かりました。今度、キャンプデビューさせて、またフィールドでの利用感などお伝えしたいと思います。

キャンプで利用するだけでは、もったいないので家や庭、ベランダなどで利用できるお気に入りのベンチを是非探してみてください!

では、また~